すっきりフルーツ青汁とhappymagicを飲み比べてみた。

ダイエットで腸内環境を整え体をスリムにしたいとお考えの人には数十種類のフルーツを豊富に使ったすっきりフルーツ青汁がオススメ!…といつもならオススメしている所なのですが実はすっきりフルーツ青汁以外にも飲みやすく改良されている青汁は多く出回っており青汁戦国時代と言っても過言ではないでしょう。
その数ある青汁を取り上げて行きたい所ですが今回は「happymagic」に絞ってhappymagicとフルーツ青汁を飲み比べてみて分かった事をここに纏めて行こうと思います。

~すっきりフルーツ青汁とhappymagicを飲み比べてみた~

1「何故比べてみようと思ったのか」
まずはこれをしようと思った経緯を説明しましょう。
答えは二通りあります。
1つは「味に変化が欲しかったから」
フルーツ青汁は青汁なのにリンゴやバナナ、ミカン等と言ったフルーツを沢山使っていて青汁では感じられた青臭い匂いと味は軽減されていてダイエット目的ではなく青汁を初めて飲む人にもオススメ出来ます。
しかし美味しいし飲みやすいからと言って飲み続けていると次第に舌が慣れてきてマンネリを感じてしまい「味が薄いな…」「パンチがないな…」と物足りなさを感じ不味いわけではないがもっと変化球も欲しくなって来る訳です。
2つ目は「フルーツ青汁だけに固執する理由もない」
確かにフルーツ青汁は飲みやすくていい商品なのは分かります。分かりますが落ち着いて考えると「フルーツ青汁だけに絞る理由も無いよね?」と言う結論も出てきます。
フルーツ青汁はダイエットのお供にも最適ですが別にフルーツ青汁じゃないと駄目な訳ではないしフルーツ青汁にも負けないぐらいお供に最適な青汁もまだまだあり自身の視野を広げる為にも一度飲んでみて今一度好みを考え直す必要が出てきたと感じられ今回のhappymagicとの飲み比べに至りました。

2「どんな味なのか」
まずフルーツ青汁の方ですが簡単に言ってしまうと「ちょっと青臭いフルーツジュース」
フルーツを沢山使って軽減されていると言ってもそこはやはり青汁、特徴的な青臭い匂いと味は若干とは言え残ってしまっています。
一方でhappymagicは大まかな構成はフルーツ青汁と同様にリンゴやキウイ等の多くのフルーツを使っている事に変わりは無いのですがここで違うのは「味が最初から2種類用意されている」点です。
1つはフルーツエキスのみならず砂糖より甘くカロリー0のラカンカを使用し「フルーツジュース」に近い作りにした「白」
もう1つは桑の葉を取り入れつつも黒糖と蜂蜜を代わりに甘味として使った「抹茶風味」の「赤」
この二種が用意されており自分の好みの味を選びやすいのが特徴です。

3「どっちが美味しいか」
言ってしまえば「好みによる」…なんて言うと企画として成立しないので私個人ではありますが飲んだ感じだと
「happymagic」の方に少し軍配が上がるかな?と言う感じでした。
理由としましては「好みを選びやすい」点が強みでした。
確かにフルーツ青汁も美味しくて飲みやすい素晴らしい物なのに代わりはないのですがhappymagicはフルーツジュース風味と抹茶風味の2つに分かれている分選択肢が多い為値段が同じなら自分の好みを選びやすいhappymagicが有利
特に抹茶はフルーツ青汁からアレンジするには上手く味が喧嘩しないように調整するのが大変なのでその手間がかからないという点が魅力的でした。

ここまでご拝読してして頂きありがとうございます。
今回飲み比べた結果はこの様になりました。双方良い商品ですがやはり飲み比べると自分に合う青汁と言うのが出て来てお金の出費は痛かったですがやって損はなかった企画だと思いました。
今後どんな目的であろうと青汁の購入をお考えであればご参考にしていただけると幸いです。

すっきりフルーツ青汁についてもっと詳しく知りたい方は知って得する『すっきりフルーツ青汁の豆知識』まとめ。この記事をご覧ください。
sitemap

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です